Eyes of NAKA
ある大学でこんな授業があったという。 
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
 学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。

そして、人生は続く。
Twitter / twwp.inc (via taizooo) (via ak47) (via gkojay) (via wonderthinkanswer) (via reretlet)

古くはエヴァの庵野監督も、学生時代にDAIKONフィルムという自主制作アニメで伝説的な作品を作り出しました。

 共通しているのは「本当に作りたい人というのはプロアマ問わず、とんでもないものを少人数で、手弁当で作ってしまう」ということ。これが本物の「モノ作りの情熱」なのでしょう。

 自分も同人ゲームなどを作っていますが、仕事が深夜に及び、連日11時帰宅でも、寝るまでの数時間、毎日同人ソフトを作りました。これ、一見「なんでそんな苦労を・・・」と思われる方が多いかと思いますが、とんでもない!楽しくて仕方ないんです。自分の作りたいものをコツコツ組み上げていく、そしてコミケなどで発表する。

 全ての同人活動をしている方であれば、本であれ、ソフトであれ、音楽であれ、わかってくださると思います。本当の「作りたい!」という感情は他人の作ったものを見ているだけでは抑えられないものなんです。

 「今は何の技術も無いけど、将来、プロになったら自分の好きな○○を作ろう」なんて考えはぬるい。本当に作りたい人はその前にどんどん先に進んで行きますので。

 大丈夫。失敗しても「たかが趣味」で済まされるのが自主制作の良いところでもありますから。仕事だと失敗は許されませんけど、技術は必ずしも本業でしか磨けないものではありません。

「ZIP」を観ていたら、犯罪学の教授が「不審者は見た目じゃわからないから『人間』に気をつけてもだめ。襲われやすい『場所』を避けること」といっていて、これはもっと強調するべきだと思いました。
「おとうさん、きょうりゅうとかいじゅうはどうちがうの?」と聞かれたので「怪獣には著作権があるんだよ」と返した瞬間の「また、めんどくさい話をはじめようとしているのでは?」という一抹の不安が長女の顔に一瞬だけよぎったのを父は見ました。

asylum-art:

Limzy Wei: Flowergirls

artist on tumblr

Malaysian artist Lim Zhi Wei adorns her watercolors entitled “ Flowergirls” with real flowers, to a stunning effect.
4歳児がテレビ欄の「ニュースウォッチ」という文字列を見てワクテカした顔で「これ妖怪ウォッチと関係あるんじゃない…?」といっていたのを見て かつてNHKの「ウルトラアイ」という番組をウルトラマンに関係あるじゃないかとワクテカしながら待機していた自分の姿がフラッシュバックした中年
中学の時に作文が上手な女の子がいて、彼女の付けるタイトルは、意外性のある想像力を掻き立てられるものだった。
タイトルも素晴らしいが、本文はその何倍も読む価値のあるものだった。
俺たちが「修学旅行の思い出」「金閣寺を見て」なんて駄文を書いている中、「もみじ」というタイトルなんだよ。
読んでみると、いきなり帰りのバスから始まるの。で、リュックにもみじの葉が紛れ込んでいるのを見つけて、「どこのもみじだろう?」と思い返すのが本文。
「○○でリュックを開けたけどもみじはあったかな?帰ってから写真を見てみよう」「○○のもみじはキレイだった。あそこのだったらうれしい」とか。
結局どこのかは分からないんだけど、一緒に行ったから「あそこにもあったよね」と、話したくなるんだよ。

一度コツを聞いたら、マンガを描くのが趣味で起承転結がどうのこうの言っていた。それは俺には無理だなと思った。
もう一つ、タイトルは最後に付けると言っていた。これなら俺にもできそうだったので、真似している。